抗菌力に優れているクラビット

細菌による感染症にはクラビットがオススメ!ペニシリン、セフェム系の抗生物質よりアレルギー反応が出ないので安全

感染症の治療などができる病院

ちつトリコモナスを誤認して素人に誤ってクラビット処方

ニューキノロン系抗生物質として数多くの細菌感染に対して有効性が示されてきているのがクラビットです。有効成分であるレボフロキサシンが細菌のDNAの複製を阻害することによってその増殖を抑制するというのがメカニズムであり、増えることができなくなった細菌に人のもつ免疫系が働きかけることによって細菌を除去することができます。ペニシリン系やセフェム系の抗生物質に比べると比較的新しい抗生物質であることから耐性菌がまだ少ないというのが特徴であり、多くの感染症治療において用いられています。クラミジアに対して有効であるということは特に注目を集めた点の一つであり、性感染症である性器クラミジアの治療においてよく選ばれる薬としての地位を占めてきました。そういった流れがあったことによってクラビットの知名度は高いものの、性病治療に有効であるという認識を得てしまっているのもまた特徴です。性病の中で細菌感染症であるのはクラミジアや淋病などのいくつかのものだけであり、他にも別種の病原体がゲインとなっている性病が多数あります。ちつトリコモナスはその流行が問題視されている性病の一つですが、ちつトリコモナスの原因病原体はトリコモナス原虫です。クラビットは原虫に対して有効ではないため、抗原中薬を用いることがちつトリコモナスの治療には必要となります。しかし、症状の特徴として陰部や膣がかゆくなるという症状が生じることから、素人が見るとクラミジアなどの他の感染症と誤認してしまうことも少なくないのです。個人輸入代行によって医療用医薬品であるクラビットも医師の処方箋なく手に入れる手段ができてしまっていることから、誤った自己診断による誤った治療が広がってきてしまっているのも事実となっています。