抗菌力に優れているクラビット

細菌による感染症にはクラビットがオススメ!ペニシリン、セフェム系の抗生物質よりアレルギー反応が出ないので安全

感染症の治療などができる病院

発熱に効くクラビットはコンジローマには無効

クラビットは医師の処方を受けて服用する抗菌薬です。病気の原因になる細菌には、赤痢菌やコレラ菌をはじめ、クラミジアやレジオネラなど様々ですが、クラビットは極めて広い範囲の細菌を死滅させます。肺炎や扁桃炎などの発熱を抑え、痛みを鎮めるほか、中耳炎や歯周炎にも用いられます。その他ペストやチフスなど、細菌が原因となる多くの病気に効力を発揮します。インフルエンザの発熱には効きませんが、風邪で弱った体に肺炎菌などが入り込むのを予防します。
体内に取り込まれたクラビットは患部に集中しやすく、普通の抗生物質が効きにくい感染症にも高い効果を示します。また副作用が比較的少ないことも特徴です。副作用としては日光過敏症や頭痛・下痢・発熱などが挙げられ、高齢者や腎臓病のある人が服用する際には注意が必要です。ごくまれに痙攣やアナフィラキシーを起こすことがあります。またアキレス腱炎という特殊な副作用があることも知られています。
コンジローマは性感染症の一種で、性器周辺にイボができる病気です。コンジローマの原因はウイルスですが、その中にもリスクの高いタイプと低いタイプがあります。通常のコンジローマは放置しておいても命の危険はなく、自然治癒することもあります。しかし高リスクのウイルスに感染すると、将来的に子宮頸がんを発症する可能性があります。
クラビットは細菌を殺す働きがありますが、まったく異なる生命体であるウイルスには効果がありません。したがってウイルスが原因となるコンジローマを治療することはできません。同じ性病でも抗菌薬で治るものと治らないものがあるので、薬を服用する際は病気について正しい知識を持つことが重要です。